webディレクターになるには?

パソコンを使う仕事が多くなってきています。webに関わる仕事には色々ありますが、その中でもwebディレクターが気になっている人もいるでしょう。しかし、始めてこの仕事が気になったとき、疑問が出てきますよね。そんなあなたの疑問をQ&Aで解消していきましょう。

webディレクターに関するQ&A

どうやったらwebディレクターになれますか?

現状では、webディレクターになる決まった方法などはありません。会社によっては、適任だと感じた人を抜擢したりする場合もあります。webディレクターになるには、まず、web制作に関わる中で発注から完了までの流れや、アイディアの提案、スタッフとのコミュニケーションを円滑にできるようになる必要があります。もし、これらのことを理解していて、問題ないと感じるのなら採用面接に挑むといいですよ。

得意分野を活かすことはできますか?

もちろん可能です。得意分野があればそれは強みとなります。全体の進行管理や品質管理を行う中で、専門分野で違いを出せればさらにクオリティを高めることができますよ。

稼げる仕事ですか?

個人スキルや経験、業績や結果を出せば稼げる仕事と言えます。会社にもよりますが、実力と結果が物をいう仕事になります。採用されて入社したときには、結果を出せるように努力していきましょう。

webディレクターとは?

パソコン

webディレクターとは、web制作において全てをマネージメントして、プロジェクトを進めていく役割を担う人のことです。主な仕事内容として、デザイナーやプログラマーなどweb制作に関わるスタッフをまとめて、進行管理やコンテンツのクオリティチェックなどを行います。そして、クライアントの要望に沿ったwebコンテンツを作り上げていきます。

webディレクターに求められる能力

男女

webディレクターの役割は制作における監督のような存在です。スタッフに支持を出したり、全体の進行状況やコンテンツの品質管理など全てを把握して調整することが必要になります。なので、web制作におけるスケジュール管理能力やコミュニケーション能力が必須となります。また、こまめな情報共有や時間管理も求められていきます。他にも、デザインやプログラムなどのある程度の専門技術や知識がなくては、スタッフに支持を出したりプロジェクトを進めていくことはできません。なので、自分が持っている得意分野以外の必要なことについて知っておくことが重要です。

平均年収はどれくらい?

SKILL

webディレクターの平均年収は約450万円前後となっています。ただ、会社の規模や個人の業績、スキルや経験によっても異なります。また、webディレクターの仕事は、マネジメント経験を活かすことができるので、意欲や業績を上げて、クオリティの高いコンテツを作ることができればキャリアアップや年収UPを期待することができます。お仕事探しのときの参考にしておきましょう。

webディレクターはこんな人にオススメ

ホームページ

webディレクターの仕事は技術や知識と同時に、様々なことに対応できる人間性も必要となります。物事の課題やトラブルを解決できる発想や提案力が問われます。また、最新のトレンドなどに興味や好奇心のある人が向いています。他にも、自らコミュニケーションをとるのが好きな人やアイディアを相手に伝えるのが上手な人などはやりがいを感じることのできる仕事になります。もし、これらに当てはまるという人は、求人を探し応募してみるといいでしょう。そして、採用面接などで自分がどれだけこの仕事に向いているかなどを存分にアピールしていくといいですよ。

携帯販売の求人に応募するならここをチェック!

広告募集中